アクネ菌って一体なに?

アクネ菌って一体なに?

一般的にアクネ菌と呼ばれる細菌は、正しくはアクネ桿菌(かんきん)といいます。
(以下アクネ菌と呼びます)

桿菌とは原核生物の一種であり、細長い棒状または円筒状の形状を持ちます。

アクネ菌は皮膚常在菌ですので、ほとんどの方の皮膚に存在していて、皮脂を好み空気を嫌う性質をもちます。
(好脂性と嫌気性といいます)

つまり、皮脂が溜まり易く酸素が無い脂腺の奥などに生息することを好みますので、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養に増殖しニキビの原因となります。

ただし、ニキビに悩んでおられる方へご理解いただきたい点は、アクネ菌自体は皮脂を分解し肌を守る働きをしている肌に必要な金であることです。問題は「過剰」に増殖した時であることを覚えておいてください。

アクネ菌の活動

アクネ菌は皮脂を栄養として取り込み、脂肪分解酵素であるリパーゼを分泌します。

このリパーゼにより表皮細胞の参加が促進され遊離脂肪酸を増加させる作用を伴いコメドを生成する要因となります。

コメドは面皰(めんぽう)と呼ばれ、毛穴を塞ぎニキビを形成する要因となります。

※リパーゼ=脂肪を分解する酵素であり、「脂肪酸」「グリセリン」に分解します。

アクネ菌が増殖しやすい部位

特にアクネ菌が増殖しやすい部位として、「顔」「頭」「背中」「胸元」が挙げられます。

前述の通りアクネ菌は皮脂を好みますので、皮脂分泌量が比較的多い部分が増殖しやすいと言えます。

特に顔の場合、一般に「Tゾーン」と呼ばれる部位は脂腺が多く、皮脂の分泌量が多い。

ここで皮脂腺が発達して皮脂の多く分泌される部位の事を「脂漏部位」と呼びます。

顔や頭皮の皮脂分泌量が多いことはよく知られていることですが、意外なことに背中や胸元も負けず劣らず皮脂分泌量が多いのでアクネ菌の増殖を招きやすい。

アクネ菌がニキビを生み出すプロセス

皮脂やメイク汚れ、またはアカなどによって毛穴が詰まると、アクネ菌の格好の住処になり増殖を始めます。

毛穴の中で増殖したアクネ菌は皮膚の内部で塊を形成します(コメド)。

毛穴は閉じ無酸素状態になるので、更にアクネ菌を増殖させやすい環境が出来上がり、ここでアクネ菌はポルフィリンという有機化合物を生成し、身体内の白血球がアクネ菌を駆除しようと働きかけます。

すると、白血球からの攻撃によって活性酸素が放出され細胞壁を傷つけ炎症を起こします。

これがニキビの原因になると考えられています。

また、ポルフィリンは紫外線を浴びると活性酸素を大量に発生させる働きも持ちます。

アクネ菌対策とは?

アクネ菌を抑制する方法は、皆様の体質・肌質・コンディションなどによって異なりますが、基本的な対策はやはり「洗顔」が一番に挙げられます。

ただし、無暗に過剰な洗顔は肌を痛める可能性と、皮脂を取り過ぎて肌本来の防御機能を損ねる可能性もありますので、あくまでも洗いすぎには注意しましょう。

肌に負担を掛けないように洗顔し、手早くしっかりと洗顔料を洗い流すことが大切です。

管理人が選ぶ人気ベストランキング

第1位

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退
医療レベルまで高めた浸透力は使い始めた瞬間にしっかり染み込み、使うほどにキレイな肌へ生まれ変わります。
第2位

しつこい大人ニキビ・肌荒れに!根本原因に新アプローチ!
おすすめポイント
産後の肌荒れ・大人ニキビにおすすめ!
女性ホルモンとお肌の密接な関係に注目し、ダマスクローズの高貴な香りがホルモンバランスを整え肌の内側からケア!
第3位

背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】
おすすめポイント
キレイな背中を育てる集中ケア!
お肌に潤いを保ち健やかで整った肌を育てることによって背中ニキビを防ぎ、またニキビ跡のケアにも効果を発揮!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る