インナードライにご注意を

インナードライという言葉をご存知でしょうか?

比較的新しい言葉なのですが「内部が乾燥している」という意味で、その特徴としては皮膚の内部が乾燥しているにもかかわらず、表面は脂性肌であるというものです。

混合肌に似ている肌トラブルの症状を指す言葉です。

インナードライとは?

表面上は皮脂過剰でテカテカしているのに、肌の内面的には水分量が不足していて乾燥している状態をいいます。

この症状は比較的夏場に起こりやすく、紫外線による刺激やエアコンによる乾燥・ストレスなどが大きく影響してきます。

インナードライになった肌は皮膚の細胞がもろくなりがちです。

どうしてインナードライになるの?

一番の原因は肌の乾燥にあります。

お肌が乾燥してくると、皮脂が水分の発散を防止するために過剰に分泌されます。

ここで、皮脂の過剰分泌に伴って毛穴が開き毛穴に皮脂が蓄積されると酸化を起こし毛穴の黒ずみやニキビなどの原因につながります。

また、インナードライであることに気付かずに表面的な皮脂過剰に気を取られて乱暴に洗顔を繰り返すと、余計に皮脂が分泌されてしまい症状がひどくなってしまいます。

どうすればいいの?

インナードライの対策に一番大切なことは「保湿」です。

もちろん洗顔も大切なのですが、優しく余分な皮脂を洗い流すように洗顔し、化粧水などでたっぷり保湿してあげましょう。

ここで、アルコール成分の含まれた化粧水や油分を含む乳液は避けた方がベターでしょう。

インナードライチェック

最後に簡単なインナードライチェックをしてみましょう。

下のリストに多く該当すればするほどインナードライ肌になっている可能性が高くなります。

  • 毛穴が目立ち肌の黒ずみが目立つ
  • スキンケアには自信があるのになぜか乾燥する
  • 皮脂テカリを起こしているのに肌がつっぱる
  • 日常であまり紫外線対策を行っていない
  • 一日の殆ど空調完備の環境にいる
  • 化粧水が肌にしみこまないような気がする
  • カサつきや部分的なテカリがある

もしも上記のリストに複数該当するようでしたら、インナードライの可能性がありますので、保湿には十分に気を配るようにしましょう。

また、インナードライ肌になると皮膚細胞が壊れやすく剥がれやすい特徴がありますので、ご自身の肌にセロハンテープなどを張り付けてはがしてみると、インナードライの方はセロハンテープが正常な肌の人よりも白くなるといったチェックの方法もあるようです。

簡単にできるチェックですので、一度お試しください。

管理人が選ぶ人気ベストランキング

第1位

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退
医療レベルまで高めた浸透力は使い始めた瞬間にしっかり染み込み、使うほどにキレイな肌へ生まれ変わります。
第2位

しつこい大人ニキビ・肌荒れに!根本原因に新アプローチ!
おすすめポイント
産後の肌荒れ・大人ニキビにおすすめ!
女性ホルモンとお肌の密接な関係に注目し、ダマスクローズの高貴な香りがホルモンバランスを整え肌の内側からケア!
第3位

背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】
おすすめポイント
キレイな背中を育てる集中ケア!
お肌に潤いを保ち健やかで整った肌を育てることによって背中ニキビを防ぎ、またニキビ跡のケアにも効果を発揮!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る