テストステロンの分泌量移行とニキビの関係

思春期に出来るニキビにはテストステロンの分泌量移行が関係していると言われています。

今回はここで「テストステロンの分泌量移行」とは一体何なのか?を少し考えてみたいと思います。

テストステロンとは一体何なのか?

テストステロンは男性ホルモンの一種であり、哺乳類の雄であれば抗がんから分泌され、雌であれば卵巣から主に分泌されるステロイドホルモンです。

主な働きとして身体の筋肉を作り上げ、タンパク質同化作用の促進などを行います。

また、男性であれば思春期頃から分泌量が顕著に増大し、30代に差し掛かるころから分泌量の減少をすることが多い。
(個人差があり齢を経ても分泌量が殆ど減少しない人も多いです)

テストステロンが肌に及ぼす影響

テストステロンは男性ホルモンであることから、当然男性に比較して女性は圧倒的に分泌量が少ないです。

しかし、精神的なストレスや身体的なストレスによってテストステロンの分泌量が増大することもあり、また神経の高ぶりによって自律神経のバランスを崩し交感神経の働きかけによって精神的に攻撃的な状態になることがありますが、やはりこの場合もテストステロンが分泌されることになります。

テストステロンの分泌が促進されると、脂腺が刺激され皮脂が過剰に分泌される状態になりますので、テストステロンが多量に分泌されるとニキビができやすい肌の状態になると言えます。

ニキビを作る大きな要因である皮脂の過剰分泌はテストステロンの影響を大きく受けるということです。

管理人が選ぶ人気ベストランキング

第1位

背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退
お肌に潤いを保ち健やかで整った肌を育てることによって背中ニキビを防ぎ、またニキビ跡のケアにも効果を発揮!
第2位

大人ニキビ・肌荒れ専用の超サプリ【東洋の恵み】
おすすめポイント
大人ニキビに身体の内面からアプローチ!
表面的なケアではなく肌を健康に保つ力を育て、ホルモンバランスに働きかけることによって内側から根本改善します!
第3位

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退!!
医療レベルまで高めた浸透力は使い始めた瞬間にしっかり染み込み、使うほどにキレイな肌へ生まれ変わります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る