ビタミンCとニキビの関係


多くのスキンケア商品やサプリメントにはビタミンCが配合されています。

またニキビケアに特化した商品の中でもやはりビタミンCを配合したものはたくさんありますが、ビタミンCがニキビケアに効果があるのは何故でしょうか?

今回はビタミンCの効果について考えてみましょう。

ビタミンCの働き

ビタミンCには身体の健康に働きかける効果が沢山あり、代表的なものとしては免疫力を高めることや発ガン物質の抑制などが挙げられますが、ここでは「お肌への働きかけ」にターゲットを絞って見ていきましょう。

ビタミンCがお肌に働きかける効果の代表的なものには下記のようなものがあります。

  • メラニン色素の生成を抑制する。
  • 抗ストレス効果がある。
  • コラーゲンの生成を補助する。
  • 抗酸化作用を持つ。
  • 皮脂の分泌を抑制する。

これらは代表的な効果の一部ですが、ここからそれぞれの効果について少し補足をしていきます。

メラニン色素の生成を抑制する。

メラニン色素は紫外線に晒された皮膚を守るために生成されますが、メラニン色素が活発化しすぎると肌荒れや黒ずみの原因になります。

そこで、ビタミンCはこのメラニン色素生成に関わる酵素である「チロシン」という物質の働きを阻害し、色素の沈着を防ぐ効果があるのです。

抗ストレス効果がある。

ビタミンCには抗ストレスホルモンの生成を促す効果があります。

この抗ストレスホルモンの働きによって血糖値を上げてエネルギーを増大させることによって身体をストレスに負けないように整えます。

またストレスが蓄積されると、身体のエネルギーを捻出するためにビタミンCが率先して消費されてしまうために、お肌自身が栄養不足になってしまうのでキレイで健康な肌を作る為のビタミンが欠乏することとなります。

キレイで健康な肌を作る為にはビタミンが欠かせませんが、ストレスが蓄積されるとビタミンを肌にいきわたらせることが出来なくなるということです。

コラーゲンの生成を補助する。

コラーゲンはタンパク質の一種で、血管や皮膚の組織を支える働きをしますので、美しい肌を作る為の重要な物質です。

ビタミンCは、そのコラーゲンを生成するために不可欠な栄養素です。

また、コラーゲンは肌に潤いを保ち、キメを整え、皮膚を支える効果もあるので弾力を保ちシワを防ぎます。

抗酸化作用を持つ。

活性酸素は身体が細菌と戦うために必要なものですが、過剰な活性酸素は細胞を傷つけシミ・シワなどの原因にもなり得ます。

そこで、ビタミンCの抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑制する効果が生まれます。

皮脂の分泌を抑制する。

過剰な皮脂はアクネ菌の増殖の要因となり、ニキビの原因になりますが、ビタミンCにはその過剰な皮脂の生成を抑える効果があります。

繰り返すようですが、過剰な皮脂を抑制することが出来ればアクネ菌にとっての栄養素が減少することとなり、結果ニキビを抑える効果が生まれます。

[myphp file=’sup’]

管理人が選ぶ人気ベストランキング

第1位

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退
医療レベルまで高めた浸透力は使い始めた瞬間にしっかり染み込み、使うほどにキレイな肌へ生まれ変わります。
第2位

大人ニキビ・肌荒れ専用の超サプリ【東洋の恵み】
おすすめポイント
大人ニキビに身体の内面からアプローチ!
表面的なケアではなく肌を健康に保つ力を育て、ホルモンバランスに働きかけることによって内側から根本改善します!
第3位

しつこい大人ニキビ・肌荒れに!根本原因に新アプローチ!
おすすめポイント
産後の肌荒れ・大人ニキビにおすすめ!
女性ホルモンとお肌の密接な関係に注目し、ダマスクローズの高貴な香りがホルモンバランスを整え肌の内側からケア!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る