洗顔し過ぎないほうが良い理由とは?

洗顔し過ぎないほうが良い理由とは?

肌にトラブルを抱えてらっしゃる方、もしかして洗顔の方法を間違えていませんか?

特に脂性肌の方、もしかして一日に何回も何回もゴシゴシと洗顔していませんか?

オイリーな肌を気にして何度もこまめに洗顔したい気持ちは解ります。

でも、もしかするとその洗顔は逆効果でニキビを作る原因になっているかもしれません。

洗顔のやり過ぎは逆効果?

脂性肌の方が皮脂を目の敵にされる気持ちは十分解ります。

でも、実は皮脂には肌を守る重要な役割がありますので、洗いすぎるのは逆効果になるのです。

一日に何回も洗顔をしているうちに肌が皮脂不足になってくると、それを補うために皮膚は更に皮脂を分泌します。

つまり、洗いすぎる洗顔は余計に皮脂を分泌させてしまう結果になるのです。

皮脂の役割とは

皮脂が過剰に分泌されると脂性肌になりますが、実は皮脂自体はお肌にとって大切な役割を持ちます。

皮脂はお肌を守る防御壁のようなもので、水分の蒸発を防ぎ刺激から守ってくれているのです。

皮脂を取り過ぎるということは、この防御壁が無い丸裸の状態になってしまいますので、お肌の水分はどんどん蒸発しカサカサの乾燥肌になったり、紫外線などの刺激から守られないのでシミや黒ずみの素にもなりかねません。

ここで重要なことは「皮脂は取り過ぎない事」「余分な皮脂を取り除くこと」といったバランスが大切なのです。

それなら、洗わなければいいのか?

もちろんダメです!

皮脂を取り過ぎることはNGですが、放置するのが良いハズがありません。

余分な皮脂を放置しておくと、酸化作用を引き起こしお肌が赤らんだり、炎症を起こす引き金になります。

もちろんニキビができやすい状態になりやすいでしょう。

1日に何回くらい洗顔すればいいのか?

「適度な回数」は人それぞれのライフスタイルや肌のコンディションにより異なるので、一言で答えることはできません。

日本皮膚科学会のガイドラインにも1日2回の洗顔を推奨されている記述がありましたので、およその方には1日2回程度で良いと思われます。

もちろんこれも環境や肌質により異なりますから、埃っぽいところに出かけたのであれば帰宅後に洗顔をするなどの調整は必要です。

最後にもう一度・・・

大切なことなので、もう一度いいます。

ニキビのできにくい、キレイで健康な肌を作る為には洗顔は必要ですが「洗いすぎない」ことに注意してください。

管理人が選ぶ人気ベストランキング

第1位

背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退
お肌に潤いを保ち健やかで整った肌を育てることによって背中ニキビを防ぎ、またニキビ跡のケアにも効果を発揮!
第2位

大人ニキビ・肌荒れ専用の超サプリ【東洋の恵み】
おすすめポイント
大人ニキビに身体の内面からアプローチ!
表面的なケアではなく肌を健康に保つ力を育て、ホルモンバランスに働きかけることによって内側から根本改善します!
第3位

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen
おすすめポイント
簡単3ステップのニキビケアで治りにくい「大人ニキビ」を撃退!!
医療レベルまで高めた浸透力は使い始めた瞬間にしっかり染み込み、使うほどにキレイな肌へ生まれ変わります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る